32歳、社畜ビジネスウーマンの妊娠日記

妊娠したので日記がわりにブログはじめました。アラサーの妊娠出産、仕事との両立について綴ります。

【妊娠初期】妊娠報告をいつするか問題②&上司への報告は最大の鬼門&マミートラックの恐怖

上司への妊娠報告に二の足を踏みまくる

12週で家族には報告しました(【妊娠初期】妊娠報告をいつするか問題①&実母には最初に報告&姉夫婦のタブーに気を遣う)が、問題は会社です。筋を通すために順番としては、まずは直属の上司に言わなければなりません。しかし・・・やっぱり嫌だ!体が拒否している!なぜそんなに嫌なのか、でも言うべきなのか、マリッジブルー真っ盛りの頭で考えました。

f:id:yarakashilady:20170419121225j:plain

言った方がよい理由

  • 仕事量(出張、残業、ストレス過多な業務)を調整してくれる?かも?

  • つわり、通院などで休みやすい
  • 今後のプロジェクトチーム編成に影響が出るから早い方がよい

言いたくない理由

  • 安定期に入っていないのでどうなるか不安
  • 上司に言ってしまうと妊娠の事実から逃れらない気がする(何それ)
  • 自分のややこしい仕事を後輩に押し付けることになるのが申し訳ない
  • 仕事量をセーブされて、戦力外にされることが辛い。妊婦扱いされたくない(矛盾)
  • 最近、少し責任ある立場になったのに、フェードアウトするのが辛い
  • 自分の後釜に同期のポンコツ男とかが座るのが許せない

 う〜ん。われながら、エゴってますね。

でもさ、男は休まなくても子供を作れるし、共働きでも、奥さんのほうが稼いでいても育休とるのは奥さんだし、大して仕事できなくても「妻子がある」ってだけで出世したりするし、比較的フラットな会社ではあるけど、やっぱりそういう理不尽はいくつも見てきたので、そこに抵抗したかった気持ちが大きいです。まぁ妊娠報告を先延ばしにしてるだけでは、何の抵抗にもならないわけですが。

 

会議室で私の退職を覚悟した上司

結局、悩んだ挙句に上司にも12週を過ぎてすぐに言いました。一番大きな理由としては、プロジェクトが収束に向かっており、人員の整理が目前に迫っていたから今後のチーム編成のためにも言うしか無かったこと。あと、何か起きた時に休まなければいけなくなったら、どうせ言わなきゃいけない、というのも大きかったです。

私があまりにも切羽詰まった様子で会議室に呼び出すもんだから、上司は「こいつ・・・辞めるのか・・・?!」と思っていたそうです。妊娠したことを伝えると、ほっとしたような感じで祝福してくれ、「今が一番いい時期」と諭されました。そのあとは、トントン拍子で交代に向けた今後のスケジュールが決まっていき、あぁ、やっぱり私はここから離脱するのね・・・と、激務から解放される安心半分、寂しさ半分でした。

 

この感情は一時のものなのか?心変わりはいつ?

産休の直前までバリバリ&ガツガツ働いていた先輩でも、育休があけて出てきたらすっかり「ママ」になっていて、戦線離脱、自ら希望されてマミートラック一直線という方がたくさんいます。実家が遠くて手伝ってもらえる人がいないなどの生活環境によって仕方なくそうなる方もいますが、多くは、望んでそうなっているように見えます。あんだけ仕事に燃えていた(し、とっても怖かった!)先輩なのに、ずいぶんな変わり方だなぁと思っていました。

私は性格的に絶対そうはならないと今のところ思っていますが、出産したら、母性が溢れてきて(?)、時短上等・閑職上等で、会社での立場なんてどうでもよくなるのでしょうか?もしかしたらそうなのかもしれません。自分の心境の変化にも注目したいです。