32歳、社畜ビジネスウーマンの妊娠日記

妊娠したので日記がわりにブログはじめました。アラサーの妊娠出産、仕事との両立、お金について綴ります。

【妊娠34週】昼夜逆転生活になっています&産後の生活が心配すぎる

夜に寝られないのは、妊娠のマイナートラブル?それとも地が出ただけ?

私はもともと、夜型生活です。仕事をしていた時は、 8:30に起床(夫はすでに出勤済み)、10:00から仕事、終業時刻は時期や状況によりますが忙しくなければ19:00頃に退社して、帰宅後は家事やら夫婦の時間、好きなことをして過ごして、就寝は2時…とか、そういう感じでした。この話をすると「そんなに遅くまで何してるの?」とよく言われますが、みなさんが朝にやってることを夜にやってるだけだと思います。夜寄りに偏ってはいますが、ある意味で規則的な生活で、6.5〜7時間くらいは寝ている計算になるので特に問題ありませんでした。

妊娠中期からは日中に眠くてたまらなくなり、仕事中に仮眠室で30分仮眠するということもありましたが、仕事があるから何とか毎日、朝起きていました。これが、産休に入ったとたん見事に崩壊してしまいました。完全なる昼夜逆転です。これがマイナートラブルの一種なのか、自分の地が出ているだけのかわかりませんが(後者な気がしますが)、さすがにマズいんじゃないかと思い、34週の助産師検診で相談しました。

 フリー写真, 人物(写真), 女性(写真), 外国人女性, 若い女性, ポートレイト, 外国人女性(166), 起床(寝起き), 欠伸(あくび), 朝, 口を開ける

助産師さんに相談

私「夜寝られずに完全に昼夜逆転しちゃってるんです」

助産師「妊婦にはよくあることですよ。無理に寝ようとしなくていいから、ベッドで横になるだけでも体は休まります。スマホいじっててもいいから」

私「それで大丈夫でしょうか…」

助産師「旦那さんが朝起きるときに一緒に起きて朝食を食べるといいよ」

私「?」

助産師「昼になったら昼寝してもいいから!」

私「?」

 

なんか会話がかみ合わないな〜と思ってたのですが、どうやら助産師さんは、私の「夜更かし」を、「2時とか3時まで起きてる」と受け取ったようでした。

いや、違うんです。2時とか3時だったら普通なんです!恥ずかしながら、文字通り、本当に朝まで起きてて、寝るのは朝8時をすぎてて、起床は昼過ぎ(むしろ夕方)で、夜はずーっと起きているんです!! 

と言うのはなかなか勇気がいりました(苦笑)。助産師さんはビックリしていましたが、それでも「まぁ。。おいおい直していきましょう。赤ちゃんも不規則ですから」とフォローしていただけました。やっぱり直さなきゃいけないのか?赤ちゃんも不規則だから夜にずっと起きていても問題ないのか?そのあたりが結局良くわかりませんでしたが、とりあえず今はストレスのない生活をすることが大事なようです。

 

今現在、昼夜逆転で困ること
  • 午前中に用事(保活など)がある時に肉体的にキツい
  • なんだかんだで夜間にできることは限られている(外出しにくい)
  • 食事のタイミングが難しい
  • なんとなく罪悪感がある(←これ重要)

体調的には問題ありませんし、夜の方が静かで涼しいという点でも好調です。そういう意味では快適といえば快適なんですが…。具体的な不便というよりは、心理的な問題が大きいです。こんなことでマトモな親になれるのか…?という。。

 

産後の生活が恐ろしい

出産後にこの生活リズムはどうなるでしょうか。自然に直ればいいのですが、なんとなく、直らない気もします。仕事に復帰するためには絶対になんとかしなきゃいけないので、自分なりに模索していきたいと思います。だいたい、子供を保育園に預けるためには、そもそもの生活スタイル(8:30起床)がまずNGですよねぇ…。長く染み付いた習慣から、マトモな生活ができるようになるのか非常に心配です。夜型のみなさん、どうしてるんだろう。