32歳、社畜ビジネスウーマンの妊娠日記

妊娠したので日記がわりにブログはじめました。アラサーの妊娠出産、仕事との両立、お金について綴ります。

【妊娠35週】フィンランド・ベイビー・ボックスが届きました!2017年秋の中身を紹介します(後編)

ファインランドベイビーボックスの中身(2017年9月購入)のご紹介。前編はこちら↓

oidemasebaby.hatenadiary.jp

バスタオル(ムーミンバスタオル)

フード付きのムーミンバスタオル。文句無しにかわいい!そしてフィンランド伝統のFinlaysonブランド。これ買うと高いんじゃないかなぁ(笑)。おくるみとしても使えそう。

f:id:yarakashilady:20170910054614j:image

綿の布&ソックス&ミトン(バープクロス×2、タイツ、ムーミンソックス、ムーミンミトン、リブ編みソックス、リブ編みミトン)

コットン100%の布(バープクロス)はよだれかけやおくるみとして使うそうです。タイツ、ソックス、ミトンまでカバーしているところがベイビーボックスの嬉しいところですね。

f:id:yarakashilady:20170910054625j:image

よだれかけ(ムーミン食事用よだれかけ、よだれかけ)

食事用のビニールよだれかけ、これもFinlaysonブランド。コットン100%のよだれかけは北欧風のカラフルな動物柄で、ぽっちボタンでとめるタイプ。

f:id:yarakashilady:20170910054634j:image

帽子(ニットキャップ、バラクラヴァハット)

黄色いニットキャップは外出用オーバーオールと同じくreima(レイマ)でした。これも結構お高いんじゃないかな…(そればっかり笑)。目出し帽は極寒のフィンランドならではのアイテムですね。

f:id:yarakashilady:20170910054657j:image

衛生用品など(母乳パッド、ヘアブラシ、歯ブラシ、爪切り、風呂温度計、コンドーム、哺乳瓶)

このあたりのアイテムもおさえてくれているのがニクい。哺乳瓶はスウェーデンのTWIST SHAKEという商品で、ビジュアルからしてシャレています。260mlで生後2ヶ月から使用でき、6つの部品で成り立っていました。説明書(英語記載もあり)によると、外出時のために粉ミルクを入れておけるパウダーケース(100ml)が哺乳瓶に内臓できるようになっていて、乳首は赤ちゃんが飲みやすいツイストフロー機能つき、ミルクがダマにならない撹拌フィルターもついている、なかなかの高性能の哺乳瓶のようです。

f:id:yarakashilady:20170910054643j:image

コンドームはフィンランドサイズなのかな?(笑) 

おもちゃ(ムーミンぬいぐるみ、ムーミン絵本) 

ムーミンのぬいぐるみはお腹の部分がお手玉のようになっていて、おすわりできます。触り心地もGoodです。最近、ぬいぐるみに代わって絵本がラインナップされたようで、HP情報ではぬいぐるみは入っていないはずだったのですが、ちょうど変更時期だからでしょうか?在庫?それともサービス?ウチに届いたボックスにはどちらも入っていました。ラッキーでした。

ムーミン絵本、フィンランド語で書いてたらどうしよう…と思ってましたが、ムーミンキャラの絵のみで構成されており、これといってストーリーがあるようなものではなかったです。

f:id:yarakashilady:20170910061221j:image

ベイビーボックス社からのメッセージレターに描かれているニコちゃんマークは赤ちゃんが好きなマークだそうです。

 

以上、ベイビーボックスの内容紹介でした。

ベイビーボックスを購入した感想

ムーミン版は69,000円ですが、日本では手に入らない北欧ブランドのベビー用品だし、高品質だし、ぱっと見で「おっと…!これは、、高そう!」というのも多く、何よりとんでもなく可愛いので、私のようにベビー用品のゼロからの買い揃えに心が折れた(面倒くさがり)&でも、初産だし、納得いくものが欲しい!という方には非常におすすめです。