32歳、社畜ビジネスウーマンの妊娠日記

妊娠したので日記がわりにブログはじめました。アラサーの妊娠出産、仕事との両立、お金について綴ります。

【妊娠34週】学資保険。ソニー生命でライフプランニングを体験しました&まさかの結論が…

ソニー生命でライフプランニングを体験しました

前回に引き続き、ソニー生命ライフプランナーさんと2回目の面談をしました。

oidemasebaby.hatenadiary.jp

oidemasebaby.hatenadiary.jp今回はライフプランニングというものをやってもらいました。ライフプランニングとは、「その家庭のライフイベントをもとにして、将来の収支をシミュレーションすることで、万が一の時のシミュレーションをしたり、収支プランを改善するという」というものだそうです。

www.sonylife.co.jp

通常はファイナンシャル・プランナーに有償でやってもらうことを、ソニー生命では無償でやってくれるようです。タダですが、この結果をもとに、その家庭で手薄になる部分を補うような保険商品をすすめていく…という営業手法のようですね。手間をかけずに「払戻率が下がる前にとにかく急いで学資保険だけ加入したい。他の保険はいらない」と言えばそれも出来そうでしたが、私は興味があったのでやってもらうことにしました。

 

ライフプランニングのために聞かれたこと

家族構成、名前、生年月日、職業、会社規模、勤務体系、収入、貯蓄額、毎月の支出(細かく)、持ち家か賃貸か、子供の教育方針、定年の時期、予想される退職金、家購入のタイミングと費用、海外旅行の費用と頻度、リフォーム費用と時期、車の購入費用と買い替えのタイミング…などなど。本当にお金に関することのすべてを根掘り葉掘りでした。私は夫にすら自分の年収を言っていないので、赤の他人に話すのはけっこう勇気がいりました(苦笑)が、ドキドキしながらも、我が家のすべてをさらけ出しました!※個人情報の管理方法については実施前に確認しました。

結論。まさかの・・・

気になる結果ですが、グラフをあれこれ見せてもらいながら説明を受け、「生涯を通して赤字になることはないと思います。また、ご夫婦のどちらかに万が一のことがあっても大丈夫でしょう」というありがたいお言葉を頂戴しました。ウチの場合、共働きであることと、家の購入を考えていないことが、かなりの強みということです。 車もいらないし、目立った贅沢もしていない、リーズナブルな家計だそうです。そして「保険屋としては言いにくいですが…おたくは医療保険と生命保険も必要ないかもしれませんね。学資保険も現在の払戻率では加入するメリットもあまり無いですねぇ」というコメントまで出ました。保険営業マンとしてそれでいいのか?!(笑)と思いましたが、実に良心的な営業マンっぷりに感激しました。一応、貯蓄&投資向けの終身保険をすすめられましたが、それも「気が向いたらご検討ください」くらいの熱量でした。

 

遺族年金ってすごくない?

ところで、私か夫に万が一があったときの遺族年金(遺族基礎年金&遺族厚生年金)って素晴らしいですね。かつて遺族年金は、夫を亡くした妻むけの社会保障であり、妻を亡くした夫には遺族年金は支払われなかったのですが、2014年に制度が変わり、18歳以下の子供を育てる父親(いわゆるシングルファザー)にも支給されることになりました。その金額は、子供の数や妻の生前の収入にもよるのですが、子供一人であれば、およそ10~13万円/月ほど

www.orixlife.co.jp

例えば私が今回の出産で不運にも死んだ(子は生存)としても、13万円×12ヶ月×18年=約2,800万円社会保障があるわけですね。夫婦の収入バランスや、家事スキル、周囲のフォロー体制の有無などにもよりますが、少なくとも我が家のような共働き夫婦には生命保険は必要なさそうです。その分、しっかり貯蓄しておく(できれば手堅く運用する)ことのほうが大切だと思いました。

 

というわけで、「学資保険に入らねば親失格?!」という強迫観念はソニー生命ライフプランナーさんのおかげで氷解しました。とはいえ、低金利の時代にチマチマ預金しているだけではもったいないのは事実なので、ちょっとずつ新しいことにチャレンジしていこうと思います。結果的に保険には入りませんでしたが、ソニー生命に相談してみて良かったです。